AWS

EC2でSSHポート番号を変更後、なぜかssh接続ができない EC2の設定が変わったためなのか?理由は分からないが、ネット上に書かれている「EC2でSSHポート番号を変更する方法」を実行してもssh接続できなかったので、ちょっと変更したところssh接続できるようになったので公開します。一言でいうと、/etc/ssh/sshd_configを変更した後に、インバウンドの設定も変更しないとダメというこ ...

AWS

とりあえずESKを使ってみるというコンセプトです。まだ作成途中です。 前提 AWSでKubernetesを利用するためには、EKSを使います。 EKS クラスターを作成する クラスター名を入力後、「次のステップ」ボタンを押します。 クラスター名を決めます。ここでは、「test-eks」にしました。EKSのロールを作成してない場合は、IAMコンソールを押して、EKSのロールを作成します。(次の「EK ...

AWS

ロールはIAM(アイアム)の要素の一つです。IAMとはIdentity and Access Managementの略で、ユーザごとの権限などを設定する等の機能です。IAMには「グループ」「ユーザ」「ロール」「ポリシー」の4つの要素があります。このため、ロールのことをIAMロール、ポリシーのことをIAMポリシーと言ったりします。 IAMポリシーとは IAMポリシーとは、「AWSの各サービスを利用す ...

IT系の備忘録,Lightsail

ブラウザで「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示される 当ブログを見ようとしたら、以下のような表示がされてしまった。 原因はlets encriptのssl証明書の更新がされなかったためです。ssl証明書は発行してから3ヶ月後までしか有効期限がもちません。そのため、ssl証明書を更新させる必要があります。 cd /usr/local/bin/letsencript // 証明書が更新さ ...

Django,Lightsail

このページが完了していることが前提です。 プロジェクトにmainAppアプリを設定する 前提の状態では、Djangoのプロジェクトにトップページがありません。トップページの設定をプログラミングする。まずは、トップページのアプリケーションの作成をしてから、URLデスパッチャとViewの作成をする。名称はmainAppとします。 // ${workDirPath}/django/にmainAppという ...

Django,Docker,Lightsail,Linux

以下、完全に自分流のやり方ですが、動作はします。 この記事の前提条件 ・linuxにssh接続できること・linux操作の基本を知っていること・bashのシェルスクリプトでhello worldくらいは理解していること・vimの操作ができること・Docker操作とDocker-composeを理解していること 環境変数を使うために.bash_profileを編集する 以下、Lightsailにss ...

Lightsail,WordPress

Lightsailのサーバにssh接続でログインする LightsailのWordPressのコンソールに接続するために、Lightsailの管理画面から、以下のオレンジのアイコンをクリックします。(このオレンジのアイコンがSSHクイック接続アイコンです。) ターミナル(=ブラウザベースのSSHクライアントウィンドウ)が開かれます。 サーバについて確認する .htaccessの場所 Lightsa ...

AWS,Django,Docker,Lightsail

Dockerをインストールする LightsailのCentoOSにMacのターミナルからsshで接続して、以下の操作を行って下さい。 // 確認$ docker version-bash: docker: コマンドが見つかりません// Dockerのインストール $ sudo yum install -y yum-utils device-mapper-persistent-data lvm2 ...

Lightsail

この記事の前提条件 AWS Lightsailを使ってDjangoを使ったWebサイトの構築方法について書いていきます。そのため、次の知識があること、及び設定済みであることを前提にしています。・独自ドメインを取得済み・AWSを登録済み・ローカルPCがMacでターミナル操作ができる・パーミッションの意味がわかる・Vimの操作ができる Lightsailとは Amazonが提供する格安VPSサービスで ...

AWS,Django,Lightsail

まえがき この記事では、LightsailでLinuxにDjangoのインスタンスが予めインストールされている設計図を利用しています。ただ、実際にこのインスタンスのディレクトリ構成を見た結果、自分で用意したほうがマシだと思ったので、LightsailのLinuxのみのインスタンスにDjangoをインストールする手順の新しい記事を書きましたので、こちらの記事を見て下さい。LightsailでDjan ...

AWS

パスワードポリシーを設定する セキュリティのためにパスワードの方針を決めます。パスワードポリシーの設定はIAMというサービスから設定します。 IAMとは IAMとは、Identity and Access Management(=アイデンティティーとアクセス管理)の略で、各ユーザにどのような権限を与えるかを設定する機能やサービスのことをいいます。AWSのIAMは無料で利用できます。 パスワードポリ ...

AWS,Lightsail,WordPress

パスワードを取得する LightsailのWordPressのコンソールに接続するために、Lightsailの管理画面から、以下のオレンジのアイコンをクリックします。(このオレンジのアイコンがSSHクイック接続アイコンです。) ターミナル(=ブラウザベースのSSHクライアントウィンドウ)が開かれます。 次のコマンドを入力して、デフォルトのアプリケーションパスワードを取得します。 cat bitna ...

AWS,Lightsail

はじめに AWS Lightsailを使ってWordPressを立ち上げる方法について紹介します。 Lightsailとは Amazonが提供する格安VPSサービスです。 WordPressで利用する場合、月額固定で$3.5なので格安な上に、簡単である(=サーバーのプロビジョニングのコストが低い)というメリットがあります。AWSの利用を検討する場合、一番困るのが従量課金という点です。つまり、利用量 ...

Lightsail,一般常識

プロビジョニングとは プロビジョニングとは、資源の割り当てや設定などを行い、利用や運用が可能な状態にすることである。サーバプロビジョニング、ユーザープロビジョニング、サービスプロビジョニングなどがある。(IT用語辞典) Lightsailはプロビジョニングコストが低い AWSにLightsailというサービスがありますが、LightsailというサービスはAWSを利用する場合のプロビジョニングコス ...

AWS,Lightsail

ロードバランサーとは ロードバランサーとは、負荷分散のための仕組みです。Lightsialでロードバランサを利用すると、月に$18ドルかかります。ロードバランサの設定は必須ではないので、これだけ聞くと、後回しで良いと思いますが、ロードバランサを設定しないと、LightsailではSSL/TLS証明書の設定ができないので、Googleに評価の低いサイトとして認識されてしまいます。そのため、Light ...

Lightsail,Linuxコマンド

概要 AWSのLightsailを前提としてますが、linux全般に通用する知識です。 ストレージ使用量のlinxu確認コマンド Lightsailのコンソールに接続します。コンソールから以下のlinuxコマンドを実行して下さい。 // Lightsailのディスクの容量を確認する $ df -m Filesystem 1M-blocks Used Available Use% Mounted o ...

AWS,Lightsail

作業に必要なスキル Linuxコマンド操作、vimの操作、WordPress操作 Let’s Encryptとは Let’s Encryptとは、フリーなSSL/TLS証明書です。通常、SSL/TLS証明書は料金を払ってWebサイトに設定するものです。しかし、Let’s Encryptを利用すれば、無料でSSL/TLS証明書を自サイトに設定できます。GoogleやCisco、GithubなどのIT ...

AWS,Lightsail

Lightsailの固定IPと独自ドメインについて Lightsailの標準(デフォルト)設定では、動的IPが設定されていますので、時間が立つとIPアドレスが変更してしまう可能性があります。このままでは独自ドメインの設定ができないので、静的IPを設定します。Lightsailでは静的IPはインスタンスにアタッチ(=設定)されている間は、無料で利用できます。 Lightsailでの固定IP(静的IP ...