DynamoDBの料金と考察

8月 31, 2022DynamoDB

プロビジョンドとオンデマンドの違い

実体験から。オンデマンドにすると、高いスピードが出ますが、要求された通りの料金が発生します。
プロビジョンドにすると、ある一定以上のスピードは出ませんが、料金がその程度で収まります。
つまり、資金のある会社で使う場合は、オンデマンドを指定して、個人的にDynamoDBを利用したい場合は、プロビジョンドを利用した方が、安心できると思います。

読み込み/書き込みキャパシティーの編集

また、DynamoDBの読み込みキャパシティーと、書き込みキャパシティーを下げる方が、料金がかかりません。その代わり、一定以上の要求がされた場合、動作スピードが遅くなります。

その他

266 キロバイトのテーブルデータをs3からdynamoDBにインポートしたら、料金が$0.22ドル発生した。

メモ

dynamodbの利用料が、$0だったのに、急に$0.4程度発生しました。全然使っていないのですが、原因を調査しています。

項目数 707 テーブルサイズ 497.9 キロバイト
と言った程度です。これをバックアップした日にかかったDynamoDBの料金は$0.44でした。
また、バックアップをしていると月一で料金が取られていると思われます。DynamoDBの料金を毎日観察していると、利用していないはずなのに、ある日$0.28とか利用料が発生します。DynamoDBを細かくコスト分析をするのは無理みたいなので、正確には言えませんが、運用していくと、そのように利用料が取られていくということです。