ATOM入門 for mac

ATOMをインストールする

ATOMを起動する

platformio-ide-terminalというパッケージをインストールする

・Atomで「platformio-ide-terminal」というパッケージをインストールすると、エディタ内でターミナルやコマンドプロンプトを利用することができます。
画面上部のメニューバーから、Package > Settings View > Open と進みます。

install を選択して、パッケージ「platformio-ide-terminal」と検索して「Packages」ボタンをクリックします。「platformio-ide-terminal」が表示されたら、Installをクリックします。

インストールが完了したら、Atomエディタ内でターミナルを利用することができます。
ATOM画面左下にある「+」のアイコンをクリックすると、ターミナルが立ち上がります。

ATOMでpythonを使ってhello world

トップメニューからFile > Add Project Folder を選択します。プロジェクトフォルダを決めて選択します。

ここでは、python_workというフォルダを作り、プロジェクトフォルダにしました。そこに、hello.pyというファイルを作成して、print(“hello world")というコードを書きました。ATOMの左下の「+」を押してATOM内にターミナルを開き、python ~/python_work/hello.py のように実行して、ターミナル上にhello worldを表示しました。

pyhton をコーディングするなら、やはりPycharmが一番いいと思います。理由はPEP8に準拠したコーディングに強制することができるためです。