phpMyAdminでテーブルデータをインポートする

8月 13, 2020

実行環境

Windows 10、xampp、Chorome

phpMyAdminでテーブルデータをインポートする方法

csvをインポートする場合

phpMyAdminの左メニューからデータベースを選択します。(テーブル名を選択するとうまく行きません) この状態でインポートのタブを選択します。「ファイルを選択」ボタンを押してインポートするCSVファイルを選択します。

画面下の方にスクロールしていき、「ファイルの最初の行にテーブルのカラム名が含まれている」ところにチェックを入れます。(csvのファイルの1行目がカラム名の場合) 良ければ画面右下にある実行ボタンを押します。

インポートが成功すると、以下のような表示がされます。

右メニューからテーブルを選択して表示されることを確認して下さい。

sqlファイルをインポートする場合

インポートの方法はcsvファイルをインポートする場合と一緒です。

エラーが出る場合

しかし、sqlファイルの場合、自分は以下のようなエラーが発生したので、解決方法を書こうと思います。
エラーの内容は、#1273 – 不明な照合順序: 'utf8mb4_0900_ai_ci’ でした。このエラーの原因は、xamppのmySQLのバージョンが古いとかなんとか。

解決方法

解決方法は、sqlファイルを開いて、CREATE TABLEの記述のCOLLATE=utf8mb4_0900_ai_ciを消します。

// 修正前
CREATE TABLE `persons` (
  `id` int unsigned NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `name` varchar(10) DEFAULT NULL,
 ~(中略)~
  PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE=InnoDB AUTO_INCREMENT=433 DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_0900_ai_ci;

// 修正後
CREATE TABLE `persons` (
  `id` int unsigned NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `name` varchar(10) DEFAULT NULL,
 ~(中略)~
  PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE=InnoDB AUTO_INCREMENT=433 DEFAULT CHARSET=utf8mb4;

んー、根本的な解決ではないと思います。しかしsqlファイルをインポートはできます。

MySQLのWorkbenchのページ一覧

・Workbench入門
・Workbenchでcsvをインポートする方法
MySQLのWorkbenchでカラムの順番を変更する
SQLでカラムを一括して更新したい
Workbenchで自動でコミットしない方法
MySQLで更新するデータに別の列の値を使用する
Workbenchでboolean型のカラムを追加するとtinyint型に変えられてしまう
Workbenchでデータベースをimportする