WordPressのfunction.phpでショートコードを設定する

function.php,Luxeritas,WordPress

ショートコードとは

ショートコードとは、WordPressにおいてfunction.phpのファイルにあらかじめ書くことで、記事を書くときに何度も利用できる処理のことです。記事中でショートコードを利用する際は、 命令文を[]で囲むことでショートコードであることを意味します。
Excelでいうとマクロのようなものです。

ショートコードで決まった内容を簡単に記事に挿入する

例えば、以下のような画像を記事の最後に毎回表示したいが、楽にする方法はないのでしょうか。

ショートコードを使って、簡単に記事に挿入するやり方

記事の編集の際に、以下の画像のように「HTMLとして編集」を選択します。

以下のようにhtmlのコードが表示されますので、すべてコピーします。

ダッシュボードから、「外観」→「テーマエディタ」→「テーマのための関数(function.php)」を選択。
上の画像でコピーした内容を以下のように組み替えて、記述する。(URLについては、自分のサイトに変更をする)
このとき、コピーした内容を '(シングルクォーテーション)で囲んで下さい。"(ダブルクォーテーション)で囲むと、この場合エラーになります。

function test_func(){
	return ' コピーした内容 ';
}
add_shortcode('test', 'test_func');

以下の画像を参考にして下さい。
最後に「ファイルを更新」ボタンを押して、function.phpを保存して下さい。

先程 function.php に 記述した add_shortcode(第一引数, 第二引数); の第一引数の方を [ ] を付けて記事に書き込みます。 これをショートコードといいます。第一引数を短くした方があとあと楽です。

たった一行で、毎回同じ内容を記事に挿入することができます。
ショートコード便利ですね。

ショートコードのメリット

ショートコードのメリットとして、後でショートコードの内容を変更する際に、まとめて変更されるというところが便利です。