Lightsail 静的IP & 独自ドメインの設定方法

6月 7, 2020

Lightsailの固定IPと独自ドメインについて

Lightsailの標準(デフォルト)設定では、動的IPが設定されていますので、時間が立つとIPアドレスが変更してしまう可能性があります。このままでは独自ドメインの設定ができないので、静的IPを設定します。Lightsailでは静的IPはインスタンスにアタッチ(=設定)されている間は、無料で利用できます。

Lightsailでの固定IP(静的IP)の設定方法

Lightsailの管理画面から、「ネットワーキング」を選択して、「静的IPの作成」を選択します。

必要であれば名前を変更して下さい。(そのままで問題ありません)インスタンスへのアタッチで事前に作成したインスタンスを選択してから「作成」ボタンを押下します。

インスタンスにアタッチ(=接続)されている間のみ、静的 IP アドレスは無料です。
以下のように表示されれば、静的IPの設定は完了です。

以上で静的IPのインスタンスへの設定は完了です。お疲れさまです。

Lightsailで独自ドメインを設定する方法

続いて独自ドメインを設定します。Lightsailの管理画面から「ネットワーク」を選択後、「DNSゾーンの作成」を選択します。

インスタンスに設定したい独自ドメイン(example.com等)を入力します。キーオンリータグ、キー値タグはそのままでも構いません。「DNSゾーンの作成」ボタンを押します。

DNSゾーンにレコードを追加する

レコードの追加を押します。

・「Aのレコード」のままで構いません。(Aレコードは、ドメイン (example.com など) やサブドメイン (blog.example.com など) をウェブサーバーの IP アドレスにマッピングします)
・サブドメイン無しのURLを使いたい場合(つまり、example.comをトップURLにしたい場合)は、サブドメインに@を入れて下さい。
・解決先は、静的IPアドレス(先程、設定した固定IP)を選択して下さい。設定が終わったら、緑のチェックマークをクリックして下さい。

ネームサーバを変更する

DNSホスティングプロバイダーは、別の会社のサービスを利用することができます。DNSホスティングプロバイダーとは、Amazon Route 53や、お名前.com、ムームードメイン等のことです。

Amazon Route 53を使用している場合

Route 53のダッシュボードを開いて、DNS管理の「ホストゾーン」を押下します。

ドメイン名をクリックします。

「レコードセットの作成」ボタンを押します。右側の表示でエイリアスの値のテキストボックスにLightsailで取得した静的IPを入力します。最後に右下の「作成」ボタンを押します。これでAタイプのレコードが作成されます。

Lightsailで取得した静的IPとはコレ↓のことです。

続いて、AWS Route 53でNSレコードを設定します。レコードセットを新しく作るのではなく、既存のNSレコードのネームサーバを変更します。左側のNSレコードのチェックボックスをクリックして、右側の値のテキストボックスにLightsailのDNSゾーンで表示されているネームサーバの一覧を入力して、その後「レコードセットの保存」ボタンを押します。

以上でRoute 53でのネームサーバの設定は完了です。数分後、Route 53で購入したドメインにアクセスして下さい。サイトが表示されれば成功です。

ムームードメインを使っている場合

Lightsailのネットワーキングからネームサーバの記述を探します。以下のように表示されていますのでコピーします。

ムームードメインの管理画面から「ネームサーバ設定変更」を探して選択します。

以下のように、Lightsailのネームサーバを自分の使っているDNSホスティングプロバイダーの会社(=ムームドメイン)のネームサーバに設定します。

サイトの表示を確認する

ネームサーバの設定が反映されるまでには、数時間から数日かかります。と一般に言われていますが、自分の場合、数分で反映されました。
ただし、ブラウザのキャッシュが残っている等の理由で、ブラウザから独自ドメインでアクセスしても、表示されないことがあります。その場合は、携帯のブラウザから独自ドメインにアクセスすると、独自ドメインのサイトが表示されていることがわかります。独自ドメインのLightsailへの設定は、これで完了です。

LightsailでWordPress導入の全体の流れ

・AWSに登録する
LightsailでWordPressのインスタンスを作成する
Lightsailに固定IP & 独自ドメインを設定する (このページ)
Lightsailインスタンスの初期ログインのパスワードの取得
・(ロードバランサの作成 & SSL/TLS証明書の設定)
Let’s EncryptによるSSL/TLS証明書の設定
・WordPressのメールの設定
・WordPressのテーマの指定
・記事の作成

AWS,Lightsail

Posted by ktest